top of page
Image by jesse orrico

​頸動脈の超音波検査

頸動脈血管超音波検査は、安全で非侵襲的な検査です。通常、経験豊富な医師または超音波技師が行います。その精度の高さ、利便性など多くの利点から、脳血管疾患の評価には欠かせないツールとなっています。

頭蓋外頸動脈超音波検査では、頸動脈の内壁にアテローム硬化性プラークが形成されているかどうかを観察し、プラークの形状を理解し、これらのプラークの厚さと血管狭窄の重症度を測定できます。また、頸動脈の血流速度、血管径、1分間あたりの血流量を測定し、動脈硬化や血管狭窄の有無、その他の特殊な血管病変の有無を評価することができます。動脈硬化、狭窄、さらには血管(頸動脈、脊髄動脈)の閉塞の有無を知ることは、将来の脳卒中の可能性を評価し、できるだけ早く適切な予防措置を講じるのに役立ちます.

 

医師はどのような状況で頸動脈超音波検査を勧めますか?

  • 虚血性脳卒中または一過性脳虚血の患者。

  • 心血管リスク要因を持つ人々: 心血管疾患、高血圧、糖尿病、高コレステロール血症、長期喫煙者。

  • 頭と首の放射線療法。

  • めまいと脈動性耳鳴りの症状。

  • 内頸動脈狭窄に対するステント留置術の術前および術後の評価とフォローアップ。

  • 他の血管疾患(血管炎、血管壁剥離など)の評価と経過観察。

 

 

頭蓋外血管超音波検査は、首の片側から始め、総頸動脈、内頸動脈、外頸動脈、椎骨動脈の順に確認し、片側が終わったら頭を少し回してもらいます。反対側の検査を完了するには、片側を続けます。頸動脈検査全体のプロセスには、約 20 ~ 30 分かかります。

 

検査前の注意事項

  • 高い襟は避けてください。

  • ネックレスは避けてください。

  • 普通に食べられます。

bottom of page