top of page
頭痛

頭痛にさようなら (パート 2)

​ヤン・ジチャオ博士

憶安神經科診所-JPG1_edited_edited.jpg

 

 

頭痛の一般的な症状は次のとおりです。


Migraine 
再発する頭痛で、それぞれ 4 ~ 72 時間続きます。典型的な頭痛は、片側性のズキズキする中等度から重度の頭痛で、日常活動 (歩行や階段の上り下りなど) によって悪化し、吐き気や光や音への過敏を伴うことがよくあります。
一部の患者は、前兆を伴う片頭痛と呼ばれる、頭痛の数分前または最中に続く、完全に可逆的な視覚、感覚、またはその他の中枢神経系の症状を片側に経験します。
片頭痛に関連する可能性のある発作性症候群:再発性胃腸障害、周期性嘔吐症候群、腹部片頭痛、良性発作性めまい。病理学的には片頭痛と関連していますが、必ずしも頭痛として現れるわけではありません。
子供の片頭痛は何が違うの?子供の片頭痛は比較的短命で、通常は 1 ~ 2 時間しか続かず、ほとんどが 12 時間以内に治ります。攻撃の頻度は低く、1 か月に 1 回、または数か月に 1 回程度です。この頭痛は、数か月から数年後に消失することがあります。額の痛みは片側よりも両側に多く、年齢が上がるにつれて片頭痛が多くなる傾向があります。小児では、頭痛を伴わない周期的な嘔吐と腹痛がみられる場合があり、そのような周期的な症状は小児片頭痛症候群である可能性があります。ただし、消化管の病気を除外するために、最初に消化器科医に相談するのが最善です.幼児は、光や騒音に対する過敏症などの典型的な片頭痛の症状について、あなたに話さないかもしれません。  

緊張型頭痛
典型的な症状は、軽度から中程度の重症度の両側性の圧迫性または収縮性頭痛で、一度に数分から数日持続します。日常の活動によって頭痛が悪化することはなく、吐き気も伴いませんが、羞明や騒音がみられることがあります。触診によって頭蓋周囲の圧痛が増すことがあります。しばしば発作性: 平均して月に 1 ~ 14 日。慢性:月平均15日以上。  
クランチ型頭痛はstress 
睡眠不足 
不適切な姿勢 
目の疲れ 
タイトな頭と首の筋肉 
痛みを調節する機能不全の中枢神経系 
頭頸部の筋膜性疼痛症候群も頭痛を引き起こす可能性があります。

群発頭痛
眼窩、上部眼窩、側頭領域、または上記の部分のいずれかに位置する、片側に完全に固定された重度の痛み
ランダムな組み合わせ、15 ~ 180 分続く料金は 2 日に 1 回から 1 日 8 回までの範囲です。  
発作は、同側の結膜充血、流涙、鼻づまり、鼻水、額および顔面の発汗、縮瞳、垂れ下がったまぶたおよび/またはまぶたの浮腫を伴い、および/または落ち着きのなさまたは落ち着きのなさを伴う。

発作性片頭痛
眼窩、眼窩上部、側頭領域、または上記の任意の組み合わせに位置する片側に完全に固定された重度の痛みは、2〜30分間続き、1日に数回以上発生します.  
発作には、同側の結膜充血、流涙、鼻づまり、鼻水、額および顔面の発汗、縮瞳、眼瞼下垂、および/または眼瞼浮腫が伴う。インドメタシンを使用すると確実に効果があります。

 

これらの一般的なタイプの頭痛の主な特徴は次のとおりです。
「片頭痛」は通常、女性に多く、男性の約3倍多く、片頭痛の症状は頭痛だけでなく、吐き気、嘔吐、光過敏、騒音恐怖症などがあります。  
「狭窄性頭痛」の症状は比較的軽く、両側のこめかみがきつく、午後に多く発生し、少し不快です.女性の割合は男性の約2倍です.片頭痛であろうと収縮性頭痛であろうと、多かれ少なかれ仕事のストレスが原因です.  
また、「群発頭痛」は主に男性に多く、片側の眼窩やこめかみ付近に発作が出ることが多く、とても痛く片頭痛と間違われることも多く、痛いと涙や鼻水が出たり、 11 月から 3 月がピークで、ほぼ毎日のように発生し、数週間後には自動的に消失します。  


  

直ちに医師の診察が必要な頭痛の兆候には、次のものがあります。
突然の激しい頭痛。
痙攣を伴う頭痛。
発熱を伴う頭痛。
錯乱を伴う頭痛。
昏睡を伴う頭痛。
頭部外傷後の痛み.  
以前は頭痛がなかったのですが、突然頭痛がします。
以前は頭痛がありましたが、今ではパターンが変わりました。
咳をしたり、いきんだり、かがんだりすると頭痛が増します。
夜中に目が覚める原因となる頭痛.
頭痛は目や耳の痛みを伴います。

頭痛は首のこわばりを伴います。

頭痛薬


鎮痛剤

鎮痛剤が体内に残るというのはナンセンスですが、一般的に言って鎮痛剤は15分から30分で効き始め、4時間から6時間で終わり、8時間くらいで排泄されます。鎮痛剤は通常安全です.主な成分は「アセトアミノフェン」(プロナトンなど)とアスピリン(バイフニングなど)ですが、いわゆる「強化錠」が追加されています.鎮痛効果を高めるために少量のカフェインが使用されていますが、元の鎮痛成分の投与量は変わりません。一般的には軽度から中等度の頭痛に効果があることが多く、数回服用することで効果の有無を確認できます。 「必要な時に使い、ためる時はためる」が使用の原則であり、鎮痛剤は後から飲むほど効果が薄れていきます。軽度の頭痛の薬を服用しても効果は80%に達し、重度の頭痛の薬を服用しても効果は30%にとどまるため、頭痛の場合は鎮痛剤を服用するのが早ければ早いほど、鎮痛効果が高くなります。なれ。頭痛薬の飲み過ぎも使いすぎの原因となり、頭痛薬がリバウンドしてしまうこともあります。したがって、頻繁に頭痛がする場合は、鎮痛剤に完全に頼ることはできません。頭痛が月に 4 日を超えない場合は、鎮痛剤を自己投与できます。頭痛が増し、鎮痛剤が効かない場合は、医師の助けを求める必要があります。
抗不安薬、抗うつ薬、交感神経抑制薬、カルシウムイオン遮断薬、抗てんかん薬、ボツリヌス毒素など 
トリプタン トリプタン: 片頭痛の急性治療用。
頻繁な頭痛は予防的に治療する必要があります。  

 

© Copyright
bottom of page