top of page
Plucking Eyebrows

彼のスローモーション—パーキンソン病について語る

​ケ・ユジン博士

憶安神經科診所-JPG1_edited_edited.jpg

 

 


パーキンソン病の 4 つの主な運動症状:

身震い

遅い動き、または運動緩慢

腕、脚、および胴体のこわばりまたはこわばり (こわばり)

姿勢の不安定性としても知られ、歩行に影響を与えるバランス維持の困難

 

さらに、以下もパーキンソン病の一般的な症状です。

歩きたいのに「凍りついた」ように見える、またはその場で動けないと感じるとき

まばたきの減少、表情の減少、ポーカーフェイス

発話が弱くなる、またはろれつが回らない

患側の腕の振りの減少、または足のシャッフル

文字が小さくなり読みにくくなる

フェスティネーションとして知られる、急いでいるように見える短いシャッフル歩行

 

典型的なパーキンソン病は55歳以降に多く発症します。55歳以上の中高年層では、1,000人あたり約15人がパーキンソン病に罹患しています。若い世代ではあまり一般的ではありませんが、発生する可能性があります。パーキンソン病患者の約 15% が 50 歳になる前に診断されると推定されています。

 

パーキンソン病の初期症状は明らかではなく、現れたり消えたりすることもあります.患者や他の家族は、以前と同じではない.動作が少しこわばっているように見える.時々手足が動かなくなる.少し軽い震え。これらの症状は老人性変性症と非常に似ているため、震え、筋肉や関節のこわばり、動きの鈍さなどの症状を老人性変性症の自然現象、または関節炎などの他の健康問題と見なし、求められない人が多い.直ちに医師の診察を受けてください。

 

パーキンソン病も脳の退行性疾患ですが、主に運動機能に影響を及ぼし、思考や記憶などにはほとんど影響を与えません。多くの患者はまだはっきりと頭を回転させていますが、常に動きについていくことができず、迷惑です。定年退職後、第二の人生を始める喜びでいっぱい、家族と旅行に行きたいけど、遠くに行くのが不安、早く歩けない、上手く歩けないと不安…全員を引きずり下ろす…

また、パーキンソン病患者さんの活動・運動パフォーマンスは、体内のドーパミン濃度によって変動することがありますので、状態が良い(オンの状態)ときは、健康な人とあまり変わらず、我慢できる状態です。自分サイズのもの。しかし、状態が良くない時(オフ状態)は、椅子から一人で起き上がり、最初の一歩を踏み出すことが難しい場合があります。病期の中期・末期では、患者自身でもオンとオフの切り替えが難しい場合があります。家族みんなで元気に出かけようとしているのに、家にいる患者さんのお年寄りが突然立ち往生して動けなくなってしまう…。

 

パーキンソン病は慢性神経変性疾患です.各患者の症状は異なる場合があります.早期診断と適切な治療は、病気の悪化を遅らせ、より良い生活の質を維持する機会を得ることができます.家族の立場からすると、この病気の後の共感と忍耐をよりよく理解することで、彼/彼女と一緒にゆっくりと着実に歩くことが確実に容易になります.

ご自身やご家族が上記のようなパーキンソン病の症状をお持ちの場合は、軽度であってもご相談ください! ご自身やご家族がパーキンソン病と診断されたことがあるが、その影響を感じている方薬がなかなか安定しないので、気軽に相談に来てください。薬を少し調整するだけで、生活の質を大幅に改善できる場合があります。

© Copyright
bottom of page